DESIGN DESIGN

MENU

NIHONBASHI KOJUKEN

Nihonbashi Kokien is a brand launched with a hot desire to be able to enjoy the fin crimps easily at home, developed by China Takahashi Co., Ltd. boasting domestic market share of domestic fins. Pine fins made at our group factory in Kesennuma, Miyagi prefecture are professional use foods nominated by highly rated hotels and restaurants, well-known chefs, abundant variety of ingredients indispensable for authentic Chinese cuisine We manufacture and sell. Design design was responsible for package renewal of one of the popular products among them, frozen food products series with fingers. Products are "Shark fin soup", "Tianjin bowl ingredients", "Chinese porridge element", "Chinese bowl dish (soy sauce)" and "Chinese bowl dish (salt)". Packaging with a new method of wrapping in wrapping paper while clearing limitations and challenges unique to frozen products. In the graphic of the wrapping paper, we inserted the original fin cray pattern and finished it so as not to impair the quality of the brand. We adopt traditional Japanese colors for 5 kinds of coloring and express the glamorousness of high-class ingredients.

日本橋 古樹軒は、国産鱶鰭の国内シェアトップを誇る株式会社中華・高橋が展開する、鱶鰭を手軽にご家庭で楽しめるようにという熱い思いで立ち上げたブランド。宮城県気仙沼の自社グループ工場で作られる鱶鰭は、格式の高いホテルやレストラン、著名なシェフから指名されるプロユースな食材となっており、本格中国料理に欠かせない様々な食材を豊富に製造販売しています。その中の人気商品のひとつ、鱶鰭入りの冷凍食材シリーズのパッケージリニューアルをデザインデザインは担当しました。商品は「ふかひれスープ」「天津丼の具」「中華粥の素」「中華丼の具(醤油)」「中華丼の具(塩)」の5種類。冷凍商品ならではの制限や課題をクリアにしながら、包装紙で包むという新しい方法でパッケージングしました。包装紙のグラフィックにはオリジナルの鱶鰭文様を入れ込み、ブランドが持つ品位を損なわないよう仕上げました。5種類のカラーリングには日本の伝統色を採用し、高級食材の持つ華やかさを表現しています。